第二回 価値を上げてファンを増やす人気UPワークショップ

最終更新: 2020年12月9日



日時:2020年12月17日(木)19:30〜21:00 場所:オンライン(Zoom) 予約:下記より要予約 料金:会員無料 主催:(一社)日本音楽家支援協会

コロナが拡大する中でも演奏の仕事を訳にはいきません。今こそ演奏以外の内面の豊さも底上げし、応援してくれる人を増やして音楽業の持続化を計りましょう。


応援者=ファンであり、演奏依頼をしてくださる企業です。


現在、大企業も大手音楽教室、音楽系専門学校も縮小し、

音楽事務所や音楽スタジオは一つ、また一つとなくなり・・・

頼りにしている所属先もいつそうなるかわかりません。


これからの音楽家は自立をしていかなければならない時代となりました。


個人の価値を上げて収入を増やす方法をABA(応用行動分析学)に基づいた「セルフマネジメント」「対人関係の構築」「メタ認知」について行動心理学の専門家から学ぶことができるワークショップでぜひ自分磨きをしてみてください。 3回続けての参加が望ましいですが、途中参加も可能です。


第二回目となる今回は

・マインドフルネス

・ゴールの決め方

・習慣

についてのお話です。

<会員専用申込みフォーム> https://forms.gle/13nCS7pyvAUsRc3TA

<無料会員登録をして申し込む> https://forms.gle/3JsGhWty4dqbTPGbA



●●(講師)上村裕章●●


BEC 行動・教育コンサルティング

CEO上村裕章

日本心理学会認定心理士

研修認定精神保健福祉士

米国大学在学中にABA(応用行動分析学)に出会う。1年間のABA実習がきっかけとなり、パシフィック大学大学院(修士課程2年間)にてABAインターンシップをしながら 臨床研究を行う。その後、カリフォルニア州の自閉症児専門エージェンシーにて行動セラピスト・コンサルタント・スペシャリストとしてABAにおいての臨床実務経験を積む。

帰国後、神戸にて『BEC 行動・教育コンサルティング®』を開業。

日本全国および海外を含む全世界を対象に、家庭、学校、企業、施設へ訪問し、行動セラピー、コンサルテーション、スクールシャドー、また施設や各機関で実践型ワークショップ・講演会・ペアレント/ティーチャー/スタッフトレーニング、研究、教材開発、メディア出演、執筆活動など、ABA(応用行動分析学)をベースとした総合行動教育サービス(CBES)を、乳幼児から大人まで、年齢や症状、障がいの有無を問わず、行動に困難や問題のある方々とそのご家族へ提供している。

神戸医療福祉専門学校 精神保健福祉士科卒業

パシフィック大学大学院(UOP) 心理学部応用行動分析学修士課程修了

ネバダ州立大学リノ校 (UNR) 心理学科(大学院進学過程)卒業 副専攻-人間発達&家庭学



81回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示